今までとは違うことで肝臓に負担が

何かしらの異常が起こっている証?

 

肝臓病は発症してからでは遅すぎると言われています。ただ、症状が気づかないことも大きな要因と言われています。

 

ここ数年では企業戦士の肝臓病による突然死が目立っているのですが、ストレスや過剰にアルコールを吸収させることが要因とも言われています。損ために普段からどのようなケアをしているかで大きく変わるわけです。

 

ただし、死ぬほど臓器組織の障害が進んでいないから、なんの症状が出なかったなどということがあり得るか、そんなことは例外中の例外であり、体は何らかの警報を発しているわけです。つまり急に肝臓に以上が起こるわけではなく、何かしらの症状が前触れとして起こっているということになります。

 

例えばなんですが、普段よりも異常なほど怒りっぽくなったとか、食欲不振吐き気、酒に弱くなったとか、脂っこいものが苦手になった、便の色が変わる、シミや痒みが出るとか。

 

確かに年齢などが関係したりすることも有りますが、特に急激に変わった場合に起こりやすいために、まずは年に異界の健康診断を受けることが大事です。肝臓に異常を来す場合にも検査である程度は分かります。