普段からの食生活や運動は大事

肝臓に脂肪がたまりフォアグラに

見えないところでじょじょに大きな病気が起こると言われる肝臓。
初期に脂肪肝が起こると言われていますが、飲み過ぎや食べ過ぎ、それから日常生活の中で運動不足になることが一つの原因で肝臓に脂肪が貯まると言われています。

 

言い方を変えると「フォアグラ」状態になるために、病気が起こってしまう。
やはり症状が起こる前に改善を図ることが重要になると思います。

 

一般的には飲酒習慣が原因のアルコール性と、飲酒しなくても発症する非アルコール性に分けられます。私の場合は、非アルコール性で、普段は一滴も酒を飲みません。それなのに脂肪肝がおこたたためにさきのことを考えウルソの服用を考えているわけなんですね。

 

一昔からも脂肪肝についてはいろいろと言われていましたが、ちかごろになりこの非アルコール性に注意が呼びかけられている。

 

たしかに大量にお酒を飲んでいる場合、肝臓に慢性的な炎症が起こり、やがて肝硬変、肝がんを発症するリスクが高いのはわかっていました。

 

症状としても肝臓内に脂肪の蓄積が留まると言われています。そのために、お酒は飲み過ぎについては禁物と言われている。

 

っが、非アルコール性で肝硬変や肝がんが以降するのは怖いもの、、、。

 

 

運動不足などが要因で、消費するエネルギーが減ることで、中性脂肪が肝臓に貯まる、これが脂肪肝臓の状態が続くために、どうしても肝臓がわるくなり症状が悪化してしまうそうです。

 

 

そのため肝臓を心がけるために、普段の食事や飲酒の改善、それから毎日のように運動を心がけることが受用になるかと思います。