ウルソ 通販 購入

肝臓の負担を抑える薬「ウルソ」

負担のかかっている肝臓の予防や改善に効果が期待できウルソを服用しています。
ウルソ

 

ウルソは熊の胆からできているものなので、肝臓病の改善や疲れ、二日酔の予防、それから胆石にも効くといわれています。

 

なによりも効果が期待できて、副作用がほとんどないのが嬉しいところです。医薬品としては効果が強いほどそれだけ、他の臓器に作用があるために結果的に副作用が起こりがちですが、ウルソはその心配がないわけです。

 

 

標準的には毎食後150mg〜300mgを服用するのが望ましいと言われています。
ウルソの薬

 

ただし私の場合は、病院で処方されているウルソを服用するのではなく、通販で購入したウルソを服用しているために一回一錠の量が多い(一錠300mg)。そのために1錠を半分にして150mgにわけてから服用をしています。

 

それから私は服用するタイミングにも少しこだわっています。いろいろ調べて見ると、服用後の血中濃度の変化によると、20〜30分後にピークが訪れるそうです。
血中
そして最高濃度は1時間後まで継続し、2〜3時間後にはピーク時が半分以下に落ちるとのこと。

 

そのためにウルソの服用のタイミングとしては食後1時間後がベストと考え、時間を図って服用をしております。
水と一緒に服用し効率を高めるようにする。

 

 

ただし、この食後から1時間後に服用することを忘れることがよくあります、、、そのため、飲み忘れを防ぐために、結局は食後すぐに服用をすることが多いです。。。

 

ジェネリックウルソの詳細について>>

 

 

 

通販でウルソを購入しています

ウルソは病院の内科などで処方してもらうことができますが、通販で購入するという方法もあります。
通販ネット

 

 

私は最初の頃は病院で処方を受けていたのですが、どうしても1ヶ月に1回、病院に受診をし薬を処方してもらわなければいけないため、時間が取りにくい、、、

 

なおかつ、たとえ時間がとれたとしても、病院に行き待合室で長時間またされる・・・。
ウルソの薬を処方してもらうのに何時間もかかってしまうわけです、、、。

 

薬を処方してもらうとはいえ無駄な時間がかかりすぎている。

 

 

そのため現在は時間を省くために通販を利用しております。
通販だと時間や場所にとらわれることなく、注文すれば約1週間後に家に届けてくれます。
注文

 

ただし病院で処方されているお薬より若干ですが価格が高いために、購入する前は比較をしてから注文をしたい所。
ジェネリックウルソの詳細について>>

 

とりあえず送料や手数料の代金などのお金は掛からないため、ウルソの価格になるかと思います。ただし、医薬品個人輸入による通販は、病院の医薬品の指示のもとで服用するわけではないために、自己責任になることが有ります。
そのために、ウルソを使う前は、事前にある程度の知識をえてからの判断が重要になります。

 

 

肝臓をやわらげるウルソ

私は肝臓の”破壊”を未然に防ぐために利用しているウルソ。

 

肝臓病は自覚症状が出てからでは遅すぎるとも言われています。最近では肝臓病による突然死が目立っているし、症状に気づいてからでは回復が遅いという声も聞きます。

 

そのために、普段から健康管理を意識している人も多いと思いますが、それでも年齢やストレス、生活習慣などが影響し、急に起こることも有ります。

 

肝臓は代謝や解読、排泄などなど500以上もの働きをしてくれるため、とても重要な臓器。
そのために、肝臓が破壊されると大きな病気が起こる可能性が高くなります。
肝臓

 

肝臓は沈黙の臓器とも呼ばれ、障害が発生しても、なかなか自覚症状がなく、気づいたら重症の肝臓病(肝硬変)担っている可能性もある。

 

最近のデータによると約2割の患者は肝硬変のリスクが高く、特にお酒を飲んでもいないのに症状が起こっている人が多いとのこと。

 

 

初期の段階で中性脂肪がたまり脂肪肝となり、そこから肝炎、肝硬変と重症化し、最終的には肝臓がんになる危険性が高まってしまう。
病気

 

 

ウルソは肝臓病の改善や予防のために開発されましたが、その他に、「胆石溶解、消化吸収改善」のためにも用いられます。

 

ウルソ

 

こちらの薬は医薬品に部類されますが、有効成分は漢方薬で熊胆(ゆうたん)に含まれるウルソデオキシコール酸などがメインで製造されております。
※熊胆
熊胆はクマ由来の動物性の生薬のことを言います

 

 

他にも肝臓をやわらげる薬はあるのですが、ウルソの場合は安全性が高く副作用が起こりにくいために服用しております。

 

ジェネリックウルソの詳細について>>